スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛はお金で買える

シリアではタクシーに良く乗ります。日本に比べれば破格値です。初乗りが9円くらい。大体15分くらい乗ると80円くらいになる。なのでよく職場までの移動に使ってます。ラクチンです。

でも面倒なことが一つ。8割方話しかけられるのです。気の良い俺はそれを無視することが出来ません。しかも話しかけられるのは同じことばかり。「どこから来たのか?」「シリアで何してるのか?」「結婚してるのか?」「シリアと日本はどちらはいいか?」「シリアの印象は?」「ブルース・リーとジャッキー・チェンは日本人か?」が有名どころ。毎日毎日同じ会話をするのは飽きるし気分的に話したくないときに話されてもねぇ・・・

ただたまにすごい盛り上がることもある。今日はそんなお話。
この前乗ったタクシーの運ちゃんにいつものように「結婚してるのか?」と聞かれた。「独身だよ」と言うと「俺は最近婚約した」と言うではないか。なので「おめでとう」と言ったのさ。そしたらあんまり表情が冴えない感じで『別にそうでもないさ』って雰囲気。「うれしくないの」と聞くと「日本では婚約する時や結婚する時に俺達みたいにお金を払うか?」と聞かれました。あぁーなるほどね。

シリアでは婚約や結婚の時に男側が女側にお金を払います。いくらかは決まってないみたいだけれど、今まで聞いた話では結婚時に払うお金は50万から100万円。シリアの公務員の最低賃金が1万3000円ほどなこの国でどうやってこんなお金を捻出するのか未だに分かりません。この運ちゃんは(自分で言うには)婚約のために20万円ほど支払ったようです。そして結婚時にはさらにお金を払う。

彼はさらに続けて「お前は結婚から何を獲ると思う?」なんて聞いてきました。なんか哲学的じゃない?冗談っぽく「愛でしょ!」って答えたら、「シリアではお金が愛になるんだよ」だって。
俺はこういうちょっとネガティブな発言が大好物。なので一押ししてみた。「彼女の事好きじゃないのか?」と。「好きだよ、好きだけどお金を払わなければ彼女は俺を好きにはならない。もし愛が欲しいならまずお金を払うことだ」だって。あぁなんかこの話いい感じに生々しい。
そして彼はさらに続けるのだ、「貧乏人は本当の愛を知っている」と。

「貧乏な2人の間では結婚の時にお金が払われない。だけど2人の間には愛があって結婚するんだ。それに男が貧乏でなくて女が貧乏の場合も愛があればお金が無くても結婚できる。男は最終的に払うかもしれないけど、女の方は結婚の時にお金を期待していない。でも女の方が貧乏ではなくて男が貧乏な場合は絶対に結婚できない。女はお金を求めるし、男はお金を払えないから。
だからもしお前がシリア人と結婚したい時は、貧乏じゃない女にお金を払うか、貧乏な女を愛するか。そうすればその人は日本までついて来るよ。」

上記の事はあくまで彼の意見であってシリア全体の意見ではないのだろうが、聞いたままを書いているのでご了承ください。

思ったことが一つ。ここまで言う彼にとってこの婚約は幸せではないのじゃないだろうか?まぁなんで彼にこんな風に言わせるのかはちょっと分かる気がするけど。これは最終的にシリア社会全体にまつわるお話。社会的風潮が女性を姫にしているんですよ、この国は。こういうと聞こえはいいかもしれないけど、言い方を変えれば女性の自主性を必要としない社会、つまり女性の自主性が尊重されない社会。社会全体が『女性が思考する』ということを奪っています。
だからと言って「イスラムの国では女性の権利が抑圧されています。その象徴がヒジャーブ(髪を隠すのに女性がつけている布)です!!」というどっかの国のようなバカな考えにはならないけど。ところ変われば社会も変わるのが当たり前で、この社会を『女性を抑圧する社会』とみるか『女性を大事にする社会』と見るかは当人次第。まぁ例に漏れず何かあれば「シリアでは女性が抑圧されている」って言うシリア人女性もいるけど、その人は姫のように行動してたりする。
自分達の住みたい社会は自分達で少しずつ作っていけばいい。そうしないと適応できないしね。他国の女性がイスラムの国にやってきて男性の女性への優しさにびっくりして恋に落ちて結婚するという話は結構あるし。しかし日本から来た俺にとってはちょっとこの姫ぶりには困る時もあるけど。
まぁとにかくこんな感じのシリアでは基本が『男は外、女は内』なので女性がいざと言うとき(夫が外に他の女を作って家にお金を入れてくれないとかは結構ある)に頼れるのはお金なのでしょう。

タクシーから降りる時に「あなたの新しい生活がいいものになるように願ってるよ」って言ったら「インシャッラー」だって。そうそう!この世はみんな『神のみぞ知る』だ!どーにでもなれー!!
スポンサーサイト

コメント

to ソメさん

元気ですか?最近そちらのブログも更新されてなかったのでどーしたんだろ!?って思ってましたよ。でも元気ならハナマルです。
結婚後の愛が1年で終わるかどうかは2人が身を持って体験しているのではないですか?そしてきっと答えは『そんなことない』でしょ~?ご馳走様です!!

久しぶりです

おお愛と結婚(とお金)のねた!!
食いついてしまう。

結婚1年目の私たちラブラブ夫婦に
「愛は1年で終わるのよ!
だから結婚に重要なのはお金よ!」
と力説したのは、夫婦ともに教わっている
家庭教師(女性)の先生でした。
現在、コトの宇宙普遍性を審議中(笑)

to yoshito

あれっ!?ヨシトだ!!元気もりもりか?
シリア16-3には目立つことの嫌いな、でも確実につぼを押さえるアイドルさんがいるのよ。ところでヨシトはあなたの姫とは順調か?

16-3にアイドルなんていた??

to いた、 まみ

いた
おいおいそんな事言ったら我らが16-3のアイドルが人には分かりにくい感じで怒るぞ。。。
俺が許せんのはシリア女性はベビーカーが通っても道を譲らないこと。これにはまじムカつく!!

まみ
久しぶり!!シンガポールってたくさんの人種がいそうだから、物珍しそうに話しかけられることなんて無いと思ってたけど違うのね。ニーハオって言われるのは華僑が持つ怪しい雰囲気(偏見です)をまみがかもし出しているからじゃないの?ちなみに俺の見つける愛は常にお金で買えない価値があるので大丈夫だ!!

まことに興味深いレポートでありました☆☆広い世界に旅立っていったTAKUさんがお金で買えない愛を見つけることを願っております::☆☆☆
シンガポールでもねぇ、よくタクシーで話しかけられる。8割方、中国人か韓国人に間違われる今日この頃。開口一番「ニーハオ!」。なぜ・・・

俺も

金で買いました(爆)
とはいえ、
シリア女性の姫ぶりには腹立ってばっかりですな。
っていうか、お前ら何様って。
優しくされるのが当たり前になるとよくないってのが分かりました。
日本でもたまにそんな人いるよねー(笑)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。