スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとクルド人の話をしてもいいですか?

7月の環境キャンプはシリアのアレッポ北部、クルド人の多く住む地域で行われました。クルド人と言うのは国を持たない最大の民族といわれ、トルコ・イラク・イラン・シリアなどを主として推定で2500万人いるようです。

RIMG0020.jpg

正直俺には見た目でアラブ人とクルド人を見分けることなんて出来ません。ちなみに上の写真、右からクルド人・アラブ人・クルド人・??人です。わかんないしょ?クルド人の方がシリアにいるアラブ人よりは少し肌が濃いかな?と思う程度。
しかし見た目は変わらなくともシリアにおいて、というより他の国でもクルド人は住む国から色々な制約を課せられているのが事実。シリアにおいて一番分かりやすいのは言葉に対する制約です。

彼らは独自の言語クルド語を話すことができます。シリアのクルド人地域では生活上では彼らはクルド語で会話しています。しかしクルド語をシリアの学校で使うことは禁止されています。学校の授業は必ずアラビア語で。クルド語をを書くことも許されません。シリアにおいてクルド語は日常の中で親から子へ伝わっているということになります。そして必然的にバイリンガルとなるのです。

キャンプの参加者は運営側も含めて半数以上がクルド人でした。なのでキャンプ中も幾度となくクルド語が飛びかいます。音の波長もアラビア語とは大きく異なるのですぐにクルド語を話しているということだけは理解できる。

しかしこのクルド語。今までは統一された言語だと思っていたのだが大間違い。シリアの北東というか極北東にあるハッサケ・カミシリといった地区にもクルド人は多いのだが、彼らの話すクルド語とアレッポ北部のクルド語は違うらしい。しかもかなり違うらしい。「コミュニケーションは不可能」という域。そして、トルコのクルド人、イラクのクルド人らもまた違う『クルド語』を話すみたいでこれらバラバラの地域に住むクルド人のクルド語は地域間では通用しない。さらに文字も、ある地域ではアラビア文字で、違う地域では英語で使うアルファベットで表される。これはもう何がクルド語なのかてんで分からん。

一番『正規のクルド語』に近いのはカミシリ地方のクルド語だそうな。コレは何をもって『正規』なのか全然分からなかったのでちょっと自信ないけど。しかし、こーなると彼らを『クルド人』と認識させているもの、彼らのクルド人としてのアイデンティティーは一体なんなのだろう?と首をかしげてしまう。まぁ大半がイスラム教徒というのはあるだろうが、宗派はそれぞれあるだろうし、それに宗教で民族をくくることはできない。

そもそもこのクルド人の居住地域はオスマントルコ帝国領内にあったみたい。でも第一次世界大戦後の領土縮小と国内の体制変化によりこの居住区も分割され、というか恐らくたまたま分割される地域上に居住地域があったので、クルド人はバラバラの主権のもとで暮らすことになる。コレが今から約80年前の出来事。彼らの『クルド語』がバラバラになったのもこれからなのか?それとももともとそんな感じだったのかは知らない。

多分、彼らのアイデンティティーを形作るものは『差別』なんだろうなーと思う。自分達の生活上の言語が公共での使用を禁止されるなどの文化的な制約は自分達を『違うもの』として認識させるには充分だ。「お前達はこことここが私達とは違う」と言われ、『では自分達は何なのか?自分達の帰属はどこなのか?』を探る過程、もしくはその結果として現在の彼らは『クルド人』なのかもしれない。

こういうことはどこにでもある。今まで携わってきたパレスチナ・イスラエルや、日本だってその一つ。在日コリアンなどに対する差別の意味を他の国の差別を目のあたりにして初めて認識。不甲斐ないなーと思う。知らないことはいろいろあるけれど、日本国籍を取得するのには事実上日本名に改名しなくちゃいけないって知ってました?有り得んわー。
ちなみに豆知識として。芸能人の和田アキコは在日朝鮮人2世。日本名に改名しさらに芸能名まで持っているとは・・・

まぁなんにしてもまとまらない今日の記事。ここまで読んだあなたはエライ!!
スポンサーサイト

コメント

to miriyun

そうですねー・・・お互いに意思の疎通が出来ないほどの言葉の隔たりがあると『統一感』みたいなものを持つのは難しいかもしれません。しかもトルコやイラクなどのクルド人は独立を叫んでいますが、シリアのクルド人に同じような気持ちがあるとは思えません。一応、クルドを扱うページを見つけました。http://www.krg.org/。ここでは『クルド人のルーツを探るには幾重にも重なった文化的、遺伝的構成を読み解かなければナンタラカンタラ』といっております。興味があればゼヒゼヒ。

クルド語は統一言語ではないのですか?
 人為的な国境と各国の政策としてのクルド語・クルド文化の禁止または制限は確実にクルドを分断しているわけですね。
 もし、将来・・・難しいが、もしクルド独立があっても文化・言語・文字などの背景が共通項が少なすぎると、協力・理解の体制作りも大変になってしまう。それは文化背景だけでいうなら、パレスチナより大変かも(もちろん、政治背景はべつとしてですが・・・)。

to MI-MA

強制的に名前を変えなきゃいけないって俺だったら納得できないなー。昔、某国でボランティアしてる時「日本語名は呼びにくいから英語名のあだ名を作りなよ。」とか言われてカチンときたので「お前の名前も呼びにくいから日本語名にしろ」と言ったの思いだした。

帰化した友達は全く別の名前になったわけじゃないけど若干変わったよ。漢字じたいは1文字増えただけやけど読み方が全然違うようになった。

うん日本は色々手続き大変みたいやで。書類がかなり大変みたい・・・なんで日本はこう『書類』が好きなのでしょうかね・・・

to Atsuko

あっこ。クルド人の勉強してたよね?彼らの叫ぶ分離独立はそれぞれの所属する国の中でのことなの?それとも各地域を統一した国を作りたいのかな?

クルドの話題ありがと☆
そういえば、23日にトルコ軍空軍機がイラク北部に領空侵犯したうえにPKKの拠点を空爆したらしいよね。トルコも内部のクルド人問題に関してはむごいことばかりするよね。

クルド語が地域地域によって違うという話を聞いて、「差別されるゆえのアイデンティティの形成」というのを改めて認識できました。だって同じだからクルドとして一緒になりたいというものではないようだから。

また機会があったらクルドネタのリポート、お待ちしております☆

to MI-MA, ロベルト,鬼塚

To MI-MA
エジプトねー。クルド人が居るってのは聞いたこと無いなー。その日本国籍とった友達はやっぱ名前変わったの?日本は単純なことでさえ色々手続きめんどうそうだ。でもシリアはその手続きをたらい回しされる。どっちがいいのかなー?

To ロベルトカルロスさん
仲の良くて、節操のあると思っているシリア人の友達がクルド人を馬鹿にするような発言をするとちょっと悲しくなったりもします。彼らの心の中にある「違い」はナンなんですかねー?端から見れば変わらないのに。教えてくれた言葉今度試してみます。男女両方ともにいける系ですか?

To 鬼塚
「GO」か。俺はまだ読んでないな。おもしろい?帰ったら読んでみようかな?今回はちょっと色々(ってほどでもないけど)ネットで調べてみたんだが、「在日」ってのとか「帰化」って言う言葉を好まないという人は結構居るみたいね。クルド人、勉強したら面白いだろうけど、もう新しい事に手を出したくない・・・

私もすごい勉強になりました~。なるほど、差別によってアイデンティティが形成かあ。

在日の問題については、ベタだけど「GO」を読んでハッとしました。
「在日」って言葉自体が、「日本にいるのを認めてやる」的な発想で、当事者は嫌だっていうようなことが印象に残ってる。
確かに「在米日本人」とは言わないよね。

クルド人

難しい問題ですね。
アシタ ハシテコム

イシタ ハシテケ
これをクルド人にいうと喜びます。

クルド人の講義ショコラン!勉強になったわ。エジプトにもいてるんかなぁ?

在日朝鮮人ね。在日朝鮮人の友達が何人かいてるんやけどその中の1人がこの前帰化してん。けっこう大変みたいよ手続き。。。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クルド語について

クルド語クルド語(Kurd?)は、イラン、イラク、シリア、トルコなどで話されている言語。言語学的にはインド・ヨーロッパ語族イラン語派に属する。表記は、ラテン文字|ラテンアルファベットに ? を加えたものを使用し、サーカムフレックス|アクサンシルコンフレクスを多用す
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。