スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンドラの箱

パンドラの箱・・・それはギリシャ神話に登場する決して開けてはいけない災いを呼ぶ箱。俺は今日その箱を開けた。襲い掛かる災いはただ一つ。黒いクリーチャー(creature)、そうゴキブリ達。

『1匹見つけたら30匹はいるよ』と人は言う。しかしこの小2時間で
俺は既に8匹殺した。これはあと22匹残っているということなのか?それとも8×30=240匹いるということなのか?しかも殺したのはみんな大人ゴキブリだ。

始まりは何気ない日常。ここ3日くらい俺は家を留守にしていた。そして帰ってからもちょっと時間がなくてキッチンに洗い物やゴミを残していた状態だった。そこに現れたのは1匹のゴキちゃん。スプレーでシューっとするとキッチン下の裏のほうへカサカサと。なんでそこを重点的にさらにシューっとやったわけさ。しばらくすると彼は乾きに耐えられず裏から出てきた。そこをスリッパでプチッとね。ここまでは普通だった。

突然だが皆さんは『ゴキブリスポット』というのをご存知だろうか?もう6年位前。俺が居酒屋のキッチンで働いていた時、そこにはゴキブリスポットというのがあった。超お客が来なくて暇な時、我々はキッチンにあるダクトの穴のあたりに思いっきりスプレーをかけるのを楽しみにしていた。2・3分すると小さめの茶色いゴキブリが100匹以上ドワーーーーッと出てくるのだ。マジで。はじめはびびった。しかし回を重ねるごとにあの背中を伝わる鳥肌が密かな快感に変わるのだ。

俺は今日、図らずも我が家でそれを見つけたようだ。しかし日本のときと違うのは出てくるのがみんなデカイ。ちょっといい加減俺は引いてしまっている。
コレまでの8匹、いっぺんではなく間隔をおいて出てきているのだが、出てくるたびにさらにでかいのが来る。おそらくデカイやつほどスプレーに対する耐性があるのかも。そして彼らは例外なく同じ道をとおることに気が付く。水のある場所へ向かっているようにしか見えない。これが今日この事件で唯一学んだこと。『ゴキブリもノドが乾く』ようだ。
でもそんなことはどうでもいい。俺は早く安心が欲しい。
スポンサーサイト

コメント

沢山の励ましをありがとう!!

>Harran
泡で捕まえるのもいいのだが、もっとこう劇的にすべて殺すやつが欲しい。それに泡のやつは走るゴキブリに当てるのが難しそうだ。

>P-suke
へぇー、油をつかって呼吸するんだ。つくづくキモイ生物だな。洗剤もまた当てるのが難しそうだがちょっと一回やってみたいかも。

>ゆーや
ハーブか・・・これはなんかいけそうだ。でも俺はきっと枯らす。そう思うべ?俺にゃ無理だべ?

>shu1
もし俺がおバカさんでshu1さんの言うとおりやったらあんたこれ殺人罪だぞ。今でも殺人未遂だ!!

>たかた
それはインドネシアでか?それともお前の故郷、足●区でか?どちらでもありそうだ・・・そんなサソリにはパンチくれてやれ!!

>こにたん
きっとゴキは黒いから躊躇せずに殺せるんだと思う。白いと・・・まぁ殺せるか・・・多分あの足の部分のギザギザしてるのが嫌なんだと思われる。そーそーこの前テレビで『あっ!!こにたんだ!!』っと思ったらモロッコの国王でした。大失敗。

お前ならできる…

 ささたくよ。お前が持ってる「ホワイトニング」でそのブツも白くしてしまいなさい。

なら、数は減らんでも見た目は…

グロイな。

ゴキちゃんなんて可愛いよ

風呂に入った。
ザリガニの陸上版みたいなのがいた…

さそりだった…

ゴルフ場にもいた…
間違って近寄ったら俺死んでたよ…

徹底的退治方法

ガソリン撒け(・∀・)

ゴキブリは

ハーブが嫌いらしい。
ハーブ自家栽培したまえ。

ああ!

ゴキちゃんかあ。

スプレー使うより台所洗剤試してごらんさ!
なにやら奴らは体を油で覆ってそれで呼吸しているらしい。

その油がないと生きていけないんだってさ。
液体洗剤をビシビシかけると、動かなくなるよ!

俺好きなのこれ。

ゴキちゃん

出ましたか!去年私は生まれて初めてシリアでゴキちゃんに遭遇しました。ドミのトイレで。マジびびった。でも、メガネしてなかったからはっきり見えなくて良かった。。。大きさに関係なくゴキちゃんは嫌なもんですね。
日本でCMしてた泡で捕まえるやつ、一度試してみたくね??

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。