スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家なき子

最近書いていなかったことがある。
『シリアでの活動』のこと。
別に何にもしていないんじゃない。はっきり言ってめちゃくちゃ忙しい。現在やっていることは主に2つ。大学生を組織して環境クラブを作る事と、ある公園の清掃活動を月1回、市民参加で継続的に行うことである。今日も大学生との会議のためシリア北部アレッポへ来ています。
でも何がつらいかって。。。お忘れの方も多いかもしれないが俺の任地はシリア中部のホムスの村。でも去年9月から多くて月1回、ここ2ヶ月はまだ1度も帰ってません。要するに我が家にいる時間が限りなく無い。仕事が無いんです、村には。

配属先の村落開発NGO『FIRDOS』は自分が配属された時からそもそもの要請内容にあった環境教育へは消極的だった。相方と自分の要請がJICAへ出されてから俺たちが実際配属されるまでの1年の間にシリア人からドイツ人にボスが変わり、NGOのニーズも変わっていたのです。それでも最初のうちは新しいドイツ人ボスの元、NGOの組織再構築に付き合ってきました。村の委員会の選挙だとか今までFIRDOSがやったプロジェクトの調査だとか・・・自分の中でも必要だと感じていたからです。そして新しい組織作りが終わりを迎えると共にまたボスがフランス人に変わりました。そして打ち出された方針は『FIRDOSは環境に手を出さない』です。

昔、シリア人ボスの時代、FIRDOSは何でもかんでも手を出そうとする組織だったようです。話すだけなら「この組織は色んな事考えてえらいなー」って思いますけど、これは必ずしも良くない。ある意味組織としての方針がきちんと決まっていないってことですから。大体若い組織がこういう傾向に陥りやすく実際は何一つ満足に出来ていない。
んで、そのシリア人ボス時期に出されたJICAへの要請が『環境教育』だったんでしょう。んで、最終的に切られたわけです。

ただドイツ人ボスの時はまだ「自分たちでやるなら進めて行ってもいい」という感じだった。そこで『大学生による子どもへの環境教育』をテーマに大学生を集めて組織し、ミーティングやワークショップを重ねました。その途上でボスはフランス人に変わってました。

ある日、いよいよ村落部へ大学生を連れてテスト的に環境教育をしてもらおうとした段階。FIRDOSへFIRDOSが対象としている村へ訪問したい旨を伝えました。すると「FIRDOSには今、環境に関する方針は何も無いのに勝手にそんなプログラムを作るなんて許容できません。そもそも村落部での環境教育が必要だとする調査もしてないのに。FIRDOSの名を使って環境教育をすることは絶対に許可できなません。」とな。いやーーーもう100%のすれ違い。
言わせてもらえばまず前ボスは自分たちで考えるなら進めていいって言ってたし、そもそも環境教育隊員をJICAへ要請したのはFIRDOSです。必要だから呼ばれたのだろうにそれを証拠付ける調査が無いと俺たちを責めるのか?

まぁ言うなれば再構築を果たしたFIRDOSの過去の負の遺産の一つが『環境教育』だったということなんでしょう。これはもうどうしようもない。本当にFIRDOSがこれからいい仕事をするかは知らないが、今のところFIRDOSはやることを絞り、組織としては望まれるべき形となったのだろうから。

まぁ簡単に言っても長くなったが状況はこんな感じ。もーFIRDOSにはいられません。というわけで新しい配属先と家をアレッポで探してます。そもそも環境教育での配属先なんて数えるほどもないんだけど・・・まーどーにかなるかなー?早く帰れる家が欲しいよー
スポンサーサイト

コメント

そーかー

>Miya
まずは試験お疲れ様。いい結果が出るといいね。インシャッラー!!

ところで鳥インフルなんだが、イスラエルの仕業かー。それが一番いい落とし所だなー。納得納得。

二つのコメントがとくめいになっていました。Miyakoです。失礼しました。

なんか東京外大からシリアの新聞の日本語訳を送ってもらっているのだけど。今日の見出しが「鳥インフルエンザはイスラエルの仕業」っていう陰謀説で仰天したよ。違うだろう。。。鳥インフルは。。。違うだろう。

うわあ。どこにでも問題ってあるもんなんだね。でもしっかり取り組んでてえらいのだあ。応援してるよ~。(^^)/

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。