スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでもやっぱり・・・(ギリシャ編最終回)

更新久々です。ギリシャ編最終回。

知っての通りギリシャは見所の宝庫。。。というほどでもないけど結構いい感じ。昔トルコ辺りにいた頃、「ギリシャはつまんなかったよ」って聞いてたのであんまり期待はしてなかった。けど、開けてビックリ!いいじゃん!

pal.jpg

まずはベタにパルテノン神殿。青空を背にするとかなり映える。しかもここに行き着くまでの道がまた良かった。家がひしめく小道に小さい手作りの看板。『アクロポリス』とあります。どうやらメインの道ではないようだったので人もおらず猫が悠々と数匹歩いてました。

monestry.jpg

そして今回のお気に入り。メテオラの修道院。ものすごい高い岩山の上に修道院がいくつもあるところなのだがこれまた晴れて雲もうまい具合にかかって溜め息出ました。なんかこう・・・久々に落ち着いたんですよ。うまい具合にいえないけど。色々な修道院を歩いて周り、結局7時間も歩き回った。そして冬の冷たい空気と晴れた空が思わせます。『あーー帰りたくネェー』と。

1週間とは早いもの。気が付けば帰りの空港。せめてシリアの空港に着くまではギリシャ気分でいたかったのに、俺の飛行機はシリア航空。アテネの空港で既にシリア人の中に混じる俺。
搭乗券を貰う列の中。『シィーニー・シィーニー(中国人だ。中国人だ)』という小声多数。何万回聞いたか、この言葉。ウゼェ。
しかもシリア人。搭乗手続きが遅すぎる!!しかも並ばない。大体1人に付き大きなバック4つ持ってるし。誇張無しに1人大体100キロくらいありそう。アラブ人全体的に言える事だが旅行時や仕事時の移動に荷物を持ち過ぎ。『荷造り』という言葉はここにはない。結局待ちきれず、言って手続きを先に済ませてもらった。
そして夜9時半発のはずの飛行機。出発しねぇ・・・半分くらいが時間通りにまだ来ない。有り得ない事にシリア航空は待つ。ひたすら待つ。結局1時間の遅れ。機内で待ってる時も大声で話しまくるシリア人。しかもここで俺がアラビア語を少しでも話そうものなら、ギリシャからの2時間の飛行機は居心地最悪になること間違いない。もーーイライラだった。
そしてシリアの空港。出口を見てまた溜め息。人、人、人。アラブでは結構みんなで迎えに来る。待ちきれない一部が入ってはいけないところまで入ってくる。出口が完璧にふさがってる。職員の助けをかり、人ごみを掻き分け。そしてまた小声で『シィーニー・シィーニー』。
んで次。タクシー。当たり前だが吹っ掛けてくる。何が「オッケー・オッケー」だ。お前がゆーな、意味分からん。最初は英語だったけど、もー無理だからアラビア語で一言「高い、他のに乗る。」。そしたら「前の飛行機が8時に来てその客を送って9時半に空港に戻ってきた。今は12時半だから俺は3時間待った。だからこの値段だ」だとさ・・・・知るか!!このアホ!!

たった1週間のギリシャの旅で、今までのシリア生活でむかつかせられる事がさらに際立って見えてしまった。コレを読んでくれている皆さんが思っているよりも俺はシリアを嫌いになったのです。正直自分でも当惑するくらいに。

でも次の日。バス乗り場へのタクシーにて「お前はシリアへのお客さんだ。お金は要らないよ」って言われたり、バス乗り場で切符を買うと「クル・シネェ・インテ・ビヘール(いつもあなたが健康(幸せ)でありますように)」って言われたり、果物屋さんで「アハレーン(ようこそ)」と言われたり・・・しかも自分の中に『帰ってきた』感もあり・・・なんかちょっと落ち着いたりする。そーいえばギリシャで「シリアで働いてるの?もっと良い国があるんじゃない?」とか言われてちょっとカチンときたっけ・・・やっぱり俺はこの国が好きなんだろーねー
スポンサーサイト

コメント

あーちゃん

>ASAYO
食事メチャクチャうまかったべ?俺にとっては夢の国だった。シリアも羊はうまいけどギリシャのモノも格別だった。
日本でどんないいもの食ってんだ?うらやましか!!

シリアがますます気になる

たくちんの日記読んでますますシリアが気になってきたよ。
ギリシアには3年前に卒業旅行で行ったの。パルテノン神殿やメテオラにも行ったよ!メテオラは本当神秘そのもの。あとオリンピック生誕の地を実感できる第1回オリンピック開催(?)の競技場などなど、インパクト三昧の旅だったなぁ、ただ食事がイマイチだった印象が強い(ムシャムシャの私には重大ポイント・・・)
たった1週間の異国への旅で、今いる国がちょっとヤになっちゃうようなそんなシリアが、すごい。でもきっとそんなシリアが好きで好きでたまらないんだろうなぁ、たくちんは。

KO-PIよ・・・

そんなウザイ秘警は俺は認めん。
ちなみにヨルダンでは投石される?こっちはされないぞ。

あと、ギリシャ。マジで行ったほうがいいよ!!心に平穏が生まれる。

そうそう、最近彼らがなぜこんなにもシーニーシーニーと言うかということについての解析を試みました。そして、一つの見解にたどりつきました。それは、
「シーニーとしつこく言ってくるやつらはみんな秘密警察。」という見解です。ご存じの通り、シリア(ヨルダンもですが)には秘密警察がたくさん。そして、彼らによって平穏が守られているという話もあります。彼らが彼らの仕事の関係上、俺ら東洋人を識別しなければならないのです。そして、その一番簡単な方法。それが、「シーニーか、そうではないか?」という事なんです。で、シーニーとウザくいって、反応するのはシーニーではなく他国の東洋人ということが彼らは把握できます。これによって、東洋人が犯す犯罪からシリアを守っているのです。なのでしょうがないことなのです。どうでしょ、こんな考え。そして、彼らの国民的スポーツである投石についても解析し、一つの見解にたどりついたのでこれはまた次回に。

俺、多分ギリシャ行かないっす。
マジで帰ってこれなくなりそう。
まぁ、ムカつくこともすさまじくあったこの1年だけど、今はまぁまぁこの国好きですよ。
嫌なやつばっかじゃないですからね。

でも、メテオラの修道院は見てみたい。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。