スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝手な妄想(ギリシャパート3)

アテネの考古学博物館でのこと。
とにかくデカイ建物の中に沢山の彫刻や陶器などが展示されている。全部見るのに駆け足でも3時間くらいかかった。

zeus1.jpg zeus2.jpg

博物館内には写真のような彫刻がいっぱい。そのたくましさに『かっこえぇ』とウキウキしてました。
ただワタクシ、こういった物へあんまり興味が無い。というか飽きが早い。20分くらい見ているうちにみんな大して差がないように思えてくる。そして各部屋にある長い英語の解説。途中からは読む気ゼロ。

reggae.jpg goo.jpg

でもたまに見つけるこういった面白いものに心癒されてました。特に左。有り得ません。レゲエだ。南国少年パプワくんに出てきそう。

そしてそのうち俺は流れで一人遊びを始めた。展示してある彫刻に勝手に物語をつけ始めたのさ。根は暗いんです。

story1kill.jpg

こんなんとか。

dontexpect.jpg

こんな感じに。

ここはそういう意味ではひとり遊びの宝庫。たまに彫刻を見ながらちょっと吹き出す。自分の世界を一人旅。
そんないい気分で次の部屋へ行こうとした瞬間。こいつが!!

chinchanchon.jpg

俺はコイツを忘れるためにギリシャに来たのに!あのバカなシリア人の若者どもから俺は今までで何度この言葉を聞いただろうか?「チン・チャン・チョン」。アジア人蔑視の言葉。多い日には1日10回くらい言われる。昔は戦ったがもう随分前に怒る気も失せた。
しかしこの不意打ちに俺はカチンときてしまった。そして大きく舌打ち。シリアではよくやります。それが博物館員の人しかいなかったので思いのほか響いた。館員の女性の怪訝な顔。忘れません。あーあくまで自分の妄想上での出来事に勝手に腹を立てたんですよ。
おそらくこれ。朝にホテルでアラビア語を話したせいだと思われる。
しかもその後この『チン・チャン・チョンこま犬』結構至るとこに出てきやがって。価値のある彫刻だかなんだか知らないが、少し削ってやろうかと思った。

chin2.jpg

最後に。一番ムカついたのが違う博物館で見たコイツです。なんせ高みから見下ろしていやがったからさ。今書いてても猛烈に不愉快です。

-解説-
ヤッバーニー(ヤバーニー):日本人
しゃっきーしぇーん:ジャッキー・チェン
シィーニー:中国人
ちなみにチンチャンチョンには色々バリエーションがある。崩してくるやつほどバカにしていることが多い。
スポンサーサイト

コメント

久々に遊びにきました

久々に訪問しました!怒りながらも美術鑑賞できること自体がうらやましいよ。

こにたんよ

なんで金賞くれないん?悲しいばい。
俺が行ったのはギリシャだよ。ちなみにこの博物館は宮殿風ではなかった気がする。トルコのは昔行ったけど、トプカプ宮殿とかに博物館があった気がする。そこか?

っは!俺も犯されてる。

「チーン・チョーン・チャーン」にばかり意識がいって書こうとしてたこと忘れたやんかいさ。
そうそう、俺も行ったここ。宮殿とこの博物館やろ?結構小さくなかった?
最初は感動したけど最後の方全部一緒に見えてきたわ…笑。
アレキサンダーの墓は見た?あれスゲェよな。めっちゃ感動したモン。ってギリシャやったっけ?トルコ? 違ったらごめんの。

VIVA妄想家!

スゲェ妄想力やな…。銀賞あげたいくらいや。
流石イスラム帝国。からかう言葉もこんなに似かよってるとは…。モロッコのばやい、「シヌウィー」やけどね。あの「ウィー」がムカつくねん!!
 やつらいつか…いつか懲らしめてやる。いつか…インシャッラー。

 

>いた
日本人同士なら結構使えることが今日判明。

>miya
そう聞こえたんだよ。ホントに。

>BESAO
久々だなー。記事に関係ないコメントだが・・・5月のシリアは暖かいよ。たまにちょい寒くらい。来るのか?

>Harran
たくやーんは旅をしません。意識はお前の背後にいるかもよ・・・

さすがです。もしかして今までタクヤーンになったとき、もう1人のタクヤサンはこういう1人旅をしてたんでしょうか?

GW

5月のシリアってまだ寒そう?

っ(笑)吹き出させられたよ。
チーンチャーンチョーンって☆
犬がゆうてる☆

犯されてる

だめだよ、犯されすぎだよ。

でも、俺も「チン」って聞くだけで、
そこに結びついちゃう・・・
っていうか、たまにシリア在留邦人(まぁ隊員仲間)を呼んでも気づかない時には、使ってる・・・
失礼ね・・・

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。