スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アハラン・ワ・サハランという文化

日本から友達が来てました。
2年ほど前にイスラエルで会い、日本でもたまに会って旅の話などをしておりました。今年のクリスマスをパレスチナのベツレヘムという都市にあるキリストが生まれた教会で過ごすことを目的に、そこへ行く前にシリアに寄ってくれたのです。

hamawater.jpg

まぁそんな中、ハマに観光行きました。
ハマ。俺が4年前、シリアで初めて訪れた都市。水車が有名。ここに来ると思い出すことが一つあります。

その時はレバノンで開催されていたスタディーツアーを終え、友達と2人で、日本に帰らずに中東旅行をしてました。そしてレバノンからバスで国境を越え、直接シリアのハマへ。
当時、今よりも無計画だった我々はレバノンからシリアに行くというのにシリアのお金を全く用意していません。バスでハマへついたのはいいけれど、今思い返してもなんであんなに郊外なんだ?と思うほどそこには何も無かった。水車の町だと聞いていたのにむしろあるものは砂地のみ。
途方へ暮れているとそこへ1台のミニバスが。

その時俺はアラビア語を話せなかったけれど、それでも分かるジェスチャー。『乗れ』と言っている。まぁそりゃ乗るわな。とりあえず。
ガイドブックを見せるとどうやら運転手も我々の行き先を理解。

そこで当然なんだがお金を払わなくてはならないことに気が付いたのさ。「あーーーシリアの金、持ってねー。」
ということで一応レバノンポンドでトライ。んで失敗。
そこで、ドルで1ドル払おうかなー?と思っていると、何者か、というかオッサンがすっと後ろからお金を運転手に。顔を見ると「もう大丈夫だよ」みたいな顔。あーーーなんて優しいんだー。

そんなオッサンに笑顔でショクラン(ありがとう)。そしてバスは終点のよう。乗客がいっせいに降りる。
しかし運転手が「ここで待て」というような感じ。そしてさらに発進。
おいおいどこへ行く?目的のホテルも近いはずだからもう下ろしておくれ。
とか思っているとその運転手、ホテルまで行ってくれるようなことを言い出した。お金もいいらしい。そこで放った一言。
「Welcome to Syria」

witholdman.jpg

「welcome」アラビア語で「アハラン・ワ・サハラン」。既にシリアで8ヶ月超。中東全体滞在暦は1年8ヶ月ほどになるので正直聴き慣れた言葉。
でも何度聞いてもいい。というかハッとさせられる。
俺は日本に来る外国人に言った事があっただろうか?「ようこそ」と。
道を聞かれたり、なんらかの会で出会った時。言うチャンスはいっぱいあったのに。

もてなしの心。ホスン・アルディヤーフェ。英語で言うところのHospitalityだろうか?この地域にいると貰いすぎるほど貰うこの心。あー俺はここでシリア人に支えられて生きているんだなと思う瞬間。テレビや本を通しては触れられない生の人との繋がり。
ムカつくことはいっぱいある。でも心にしみることもいっぱいある。協力隊って楽しいかもね。

スポンサーサイト

コメント

そだしょ?

>Miyako
この言葉に会いにいつでも来なさい。
アハラン・ワ・サハラン!

>こにたん
言ってやったさ。自分だってモハメッド6.5世だろう・・・
こちらに来て日常の中で感情を表すことが多くなったなーとも思う。まぁそれは海外全般で言えるかな?裏を返せば常にいっぱいいっぱいとも言う。お互い色々吸収しようなー。

んだね

言うてくれるやん。色白いのに…。
いやいや、ごめんめんご。
でも、ホントそうやんな。モロッコでもそうやわ。モロッコでは「マルハバ」やけどね。
この人たちのホスピタリティーってホントすごいものがある。俺も今まで外国人や日本人に対してすら「ようこそいらっしゃい」って言葉かけたことないもんね。
モロッコ人ホンマ腹立つ。腹立つけど憎めないのよね。
 ホント他人から教えてもらうことって仰山あるなぁ。
協力隊っておもしろいな。

私もアハラン・ワ・サハランって言葉大好きだよ☆

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。