スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺は今どこで何をしているのでしょ?

20050723152852.jpg

これから俺がどこで何をしているかの簡単な紹介をしてみたいと思います。写真はうちから見える風景です。

所属先はFirdos(フィルドス:Fund for Integrated Rural Development Of Syria)という農村開発の為のNGO。NGOと言ってもシリアのアサド大統領の奥さんが作ったものなので、『非政府』とは言えませんけどね。Firdosの運営方針にもメチャクチャかんでますから。ちなみに、アラビア語で『フルドース』が『楽園』を意味していて、それに語呂合わせしてあります。

まぁとにかくこのFirdos。シリア各地の対象となる村にVC(Village Community)という村人からなる集まりを作って、Firdosのプロジェクトを村で行う時の中心的役割とか、村の意向を各地域に配置されているコーディネーターという人たちを通してFirdosに伝え、そのための援助をもらったりというお仕事をボランティアでやってくれてます。
そこで俺はその対処となっている村の一つに住み込んで、環境にちなんだことをやるというのが当初の要請でした。まぁ今はかなり違ってきてますけど。

住んでいるのはシリア中部にあるホムスと言う都市から西に40キロくらいのところにあるマルアーネというキリスト教徒の村です。人口はたったの700人。山の上なので夏は結構涼しいかわり、冬にはドカ雪だそうな。ちなみに村人のうち150人ほどは冬になると都市部に移動して仕事をしたりしてます。冬は寒くて暮らしにくいから。まぁ俺は住まなくちゃいけないんだけどねー。
でも今は緑がたくさんで、主にりんごの栽培が村人の収入となります。

いいところなんですけど、俺にとって最大の欠点は肉屋がないこと。隣町(5・6キロ先)まで行けばあるんですけど、そこまでの公共交通があまりない。なので、ほぼヒッチハイクでしか行けません。お肉大好きなんでこれが一番つらい・・・

まだまだ書きたいことはあるけれどこれで簡単な概要は終わり。次からは少しずつ具体的に紹介できたらと思います。
スポンサーサイト

コメント

Bonjour

よおアヤ。コメントありがと。
予定通りにフランスか。いいねぇ。そっちにも『カッコー』はいたか?
俺もふらっと行ければなー。協力隊は自由がきかないから。
かっこいいな、フランスで院生活するなんて。
それにいろいろやるだろうから『きちんと2年で卒業』とか考えてないだろ?
おもしろ話、期待してる。あと、留学の成功も。

もしシリアに来ることにしたら、ちゃんと飛行機で来てな。
アヤが陸路使うと100%どっか途中で沈没して来ないから。

それじゃ、また気軽にメール、コメント下さいな。 Au revoir!!

salam

たっくん、久々!ジェルサレムのファイサルホテル住み込みバイトのあやです。順調に隊員生活送ってるみたいじゃない。しかしブログっていいねー。楽しみにしてるよ。
あたしは今パリに移住して1ヶ月が過ぎたところ。こっから東方(オリエント)を眺めつつ来年から院編入を狙って勉強中っす。ふらっと地中海越えて訪ねるかもしれないからよろしくな。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。