スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大変なことが判明した

うちの村からダマスカスへダイレクトで行く方法は早朝のバスのみです。金曜以外の朝5時半と6時。2台のバスが村を通ってダマスカスへ。所要時間約2時間半。普通に近くの都市を経由してダマスカスに行くと4時間以上かかるので時間も短縮、さらにお金も節約という優れもの。朝が早いのだけを我慢すれば・・・
いつも行きたい日の前日にアブ・ジアッドというおっさんに「明日ダマスカス行きたいから席1つ下さいな。」と電話します。そんで予約完了。俺はいつも6時の方を使っていた。まぁ過去10回くらいかな?

ところが最近、予約の電話の時に電話口で彼がおかしなことを言うようになってきたんですよ。「明日は遅れるなよ」みたいな。
そして今回、ダマスカスへ行くための予約の電話の時に「明日は5時半だからな」と彼はいいました。「6時じゃないの?」「いや。5時半だ。」

一応世間話的に村の人に「なんで5時半なんだろうね?」と聞くと、「今はラマダン中で仕事の時間がいつもより早いからだと思うよ」とな。
あーなるほど。確かにラマダン中はJICAでもシリア人スタッフはいつもより30分早く始まって、30分早く終わります。
5時半・・・早いけどまぁしょうがないか・・・

次の日の朝。冷たい雨と濃霧。不吉なことを予感させます。その中で5時20分からバス待ちです。予想通り遅れて5時40分にバスが着きました。
『あーやっと来た・・・』と思って乗り込んだとき、思わず出た言葉が「ごめん!!」だった。
『俺は今まで違う人のバスに乗っていた』んですわ。運転手がいつもと違ぇ・・・つまり、いつも5時半に来るバスの運ちゃんに電話して席をもらい、6時の違う人のバスに乗っていたんです。

もーーほんとに申し訳なくて謝りまくりました。でも「気にすんな。これからは5時半だからな」とな。でかいね、人間が、アブ・ジアッドは。

これによって2つのことが判明。まずは俺がこの4ヶ月以上違うバスに乗っていたこと。
そして、このバス。予約しなくても乗れんじゃんってこと。なんで6時の人は俺に今まで何も言わなかったんだ?今度からは予約するかしないかで悩みそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。