スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現れなかった優男

Firdosが奨学金給付をしていることは前に触れました。(8月3日『フランス語ハ話せマスカ?』と8月7日『こざかしい!!』参照)
やっと対象者が決まったんですが色々と問題が・・・まぁ今回は触れません。とにかく最大で30人採ると言っていたのに実際は14人。予算の関係上これだけになりました。かなりの狭き門です。

majid2.jpg

ただ、その中に1人にうちの村に住む友達が選ばれました。マジドといいます。写真は昔結婚式に参加した時に彼を撮ったものです。ちょっと分かりにくいんですが髪の毛が長く後ろで束ねています。だから村では『シャール・タウィール(髪が長い)』というと彼の名前を知らない人も彼のことを話しているとわかる便利君です。ちなみに俺の知っている限りでは一番女の子への対応がうまく、優男でもあります。
彼はたしかに学業優秀だけどお金がないので、是非奨学金をあげたいなーと思っていた1人でした。

schalor.jpg

ある日、奨学生をダマスカスの本部に集めて色々と事務手続きをする日があったんです。写真の真ん中の赤い人がうちのスタッフ。その周りが学生たち。お休みの日だったけどマジドが来るから俺も事務所へ行きました。お祝いを言おうかな?と思って。

まぁ結論から言うと『来やがらなかった』んです。ていうか14人中9人しかいませんでした。うちのスタッフも「電話してみる」って言ってたけど・・・・
なんでだ!!おめぇーら奨学金貰うんだろうが!!なぜ来ネェ!?あり得ません。
マジドは携帯持ってないし、家電知らないから連絡が取れず、この日以来俺も村に帰っておらず、本部にも行ってないので真相は未だ闇です。
今度あったときに問い詰めようと思います。場合によっては愛の鞭ですな。まぁ理由が分かり、ネタになりそうだったら報告します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。