スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君のゴランの向こう側

ゴラン高原・・・第3次中東戦争でシリアがイスラエルにより占領され、次の4次戦争でちょっとだけ取り返したものの、現在もイスラエルの占領下となっている国際的にはシリア領な場所。UNDOFという国連より派遣されている部隊が展開をしている場所でもあります。日本の自衛隊も後方支援として駐留しています。叫びの丘というのは有名で、占領により分断されたシリアの村、そしてそこにすむ分断された家族などが、拡声器を使い歩けば5分でつきそうな距離で叫びあい、お互いを確かめ合う場所。隊員の頃、毎年2回ほど自衛隊の方々がスタディーツアーを企画してくださり、在シリア日本人を案内してくださったのです。ゴランは我々にとっても踏み入れられないシリアでした。

さて。
現在そのゴランの向こう側の国にいる俺がいそいそと町を歩き、いつものように酒屋にいくとあるものを見つけてしまった。
IMG_8266.jpg

こいつである。
別に普通のワイン?と思いきや拡大写真がこいつ。

IMG_8270.jpg

そこにはくっきりと『GOLAN』の文字が!!そうこれは『イスラエル産ゴランワイン』。確かにシリアにいた頃もゴランに近いクネイトラのあたりはブドウで有名だった。ゴランはもうしっかりと利用されてます。

調べてみると占領されているゴランには沢山のワイナリーがあるらしい。
Golan Heights Winery
こんなウェブサイトまである。(シリアにいる皆さん。ドメインが『il』なのでそこでは開けないと思いますけどあしからず)。
シリア滞在中のこのページが開けない人のために一部画像引用。

golanmap080926.jpg

この黒いサークルは俺が大体で入れたのだけれど、このサークル内の土地はシリア領なのですよ!!地図を見ると分かるように、占領地のしかもシリアとの現在の国境に近いほうにワイナリーが沢山!!黒いマークは全部ワイナリーです。

ゴランにキブツやモシャブといった農場みたいなものが作られているのは聞いていました。しかしここまで大々的にワイン生産の大拠点となっているとは・・・

実はこのワイン、すでに先日ヨルダンで会った2人のシリア関係者には寄贈済み。そして今日俺が買ったので3本目・・・買ってはいけないか!!??倫理的に、道徳的に!!??それとも痛みを感じながらせめて我々の手で飲み干してやるべきか!!??

シリアから見たゴランの向こう側。もう全然シリアじゃないようです。
ワインの赤が血に見えるわ・・・
スポンサーサイト

コメント

to Shu1, sai, さくらんぼ男子, asami

shu1
ほぉ。確かに・・・・同胞の血かぁ・・・

sai
>海水が蒸発してまた雨になって降るってくるのと同じ
繰り返しということか?俺たち何のために学んでるんだろうね~~・・・

さくらんぼ男子
尿酸値。マジで気になってる。日本で連れ人間ドックしようぜ!!

asami
だってここは国際的にはシリア領でイスラエルに占領されているわけで、ナノにイスラエルはワイナリーを作って儲けてますよ!!それをイスラエル産として売ってますよ!!いいのか??これでいいのか!!??

なんで買っちゃいけないの?

美味しそう、

でも、尿酸値があがっちゃうよ~

石油といいワインといい、そういや似てるわな。僕らの血に。
まあ、海水が蒸発してまた雨になって降るってくるのと同じようなものだろう。

その、「叫びの谷」?というのか。この前ちょうどドキュメンタリーで見たよ。

ワインにまつわる名言

『ユダヤにとってはキリストの血であり、アラブにとっては同胞の血である』

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。