スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っ越しました

引越しをした。
隣の部屋へ。
隣にはエチオピア人の学生が住んでいるのだが、彼がある日言い出したのだ『部屋を交換しないか』と。
彼の部屋はこれまで俺の使っていた部屋の1.5倍かそれ以上大きい。なによりもキッチンが大きくて使いやすそうなので、『あ~~あっちがよかったな~~』と思っていたのだ。だからもう即OK!!

彼の部屋は225ドル、俺の部屋は210ドル。あの部屋の差では俺の部屋のほうが相対的に高い感じである。でも俺はネットを使い、国内電話も良く使うが彼は使わない。まぁもともと彼の部屋の225ドルにこれらのサービスは入っているので使ってもいいのだけれども、彼はPCを持ってないし、日常で電話もかけない。だから彼はいつも俺に『もっとディスカウントしてもらったほうがいいんじゃないの?』って言ってたのだ。

そこで彼は考えた。
彼は料理が出来ない。今回のコスタリカが生まれて初めての海外で、生まれてはじめての一人暮らし。なので料理というのが一日の活動の中で大きな負担となっているらしいのだ。だけれど、隣に住む大家は俗に言うお弁当屋さん。食べ物の面ではプロである。だからまず、210ドルの部屋へ移動し、電話やネットを使わない分と部屋の大きさをかんがみて相対的に高いと思われる分のディスカウントをしてもらう。その上で1日2食を大家に作ってもらい250ドルでどうか!!と考えたのだ。

俺は料理は自分でしたい。でも15ドル足してでも大きな部屋というか大きなキッチンがあるとうれしい。それに前の部屋はワイヤレスネットの接続が弱かったのだが、225ドルの部屋のほうは快適なのだ。

お互いの利害が一致。晴れて昨日はお引越し。
さて、本日アパート代を払う時に彼は交渉に入るのだが、無事に食事つきの250ドル案は通るだろうか・・・?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。