スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後任人事~がんばって欲しい~

フィリピンに来て1ヶ月たった。まだ1ヶ月?もう1ヶ月?どちらとも言えません。
でもシリアを離れて1ヶ月ちょいと言われると、『まだそれだけしか経ってないの?』と思います。もう随分昔のように感じます。

ちょっと前、自分の後任として6月にシリアへ行く隊員の方から報告がありました。自分が前にいたアレッポという都市の配属先には入らずに、首都ダマスカスにある組織に配属替えになったという通知が正式にJICAより着たという報告でした。

本当に申し訳なさでいっぱいです。アレッポに行くと思っていた後任の方へはもちろん、元の配属先は恐らくまだ自分の後任が6月に来ると思っているでしょう。そして何より、悔しいです。

実はこの配属替え、決めたのはほぼ自分と他の環境隊員であるといっても過言ではありません。そう、申し訳ないと言っておきながら決めたのは自分です。それは明らかに自分の元々いた配属先に後任を送ることが適切でないと判断したためです。ただそれまでには長い思考と葛藤がありました。

当時、シリア環境教育隊員の状況は劇的に変化しました。いや、状況ではなく『意識』が変化しました。きっかけは色々ありました。
それまでも、活動を続けながらモヤモヤと感じていた『シリアへ環境教育隊員を投入した目的の欠如』が自分の後任人事の話や新隊員の赴任などにより、より明確に意識されるようになったのです。

文句を言える立場ではないのかもしれません。『環境教育に関してなんのバックグラウンドもないのにJICAに養ってもらいながら、自分の投入の目的まで考えてもらおうなんて思わないほうがいい』と活を入れてくれた先生もいました。
ただそれでも3人の初代環境教育隊員を投入したJICAへその方針と目的をどうしても聞きたかった。そしてその答えは『隊員の派遣は見切り発車』というものでした。

一般的にJICAは隊員派遣に成果を求めません。なので、きちんと要請を出す前に調査をしてるところもあるだろうけど、少なくとも自分たちの要請にそれはありませんでした。
「成果を求めないので好きにやってください。」と言われるのは楽なのかもしれない。そして、目標は送られた配属先で見つければいいのかもしれない。
ただ隊員が現地で見つける目標は、JICAがシリアの環境教育全体を見つめ、そこで『環境教育隊員投入』というプロジェクトが将来的にどんなインパクトをシリアに残すのかを見極め、それに沿えるようなものでなければ今後続いてゆく隊員の活動に一貫性をつけることはできません。そして何よりも調査無しで行われる我々からの『介入』が現地に負のインパクトを残さないとも限りません。これは調査を行ったからといって完全に回避できるかは分かりませんが、少なくとも確率的には低くなると思われるし、何よりも日本側が人を入れたいから入れるという姿勢と思考が一番問題を生みやすいのではないかと思います。

任期1年で自分自身配属替えを経験。ただ配属を替えても結局満足のいくことは何もできませんでした。結局最後の最後、自分で行った配属先への調査により分かったのは、『この組織へのアプローチの仕方がそもそも間違っていた』ということでした。これは本来ならば配属前にされるべき配属先候補への人的資源・目標・ニーズなどの基本条項さえ調査をして、それをJICAが提供できるものと照らし合わせて貢献できるのかできないのかを判断しておけば防ぐことのできた無駄でした。
そして配属先へ残したものは、前述の通り。日本の国際組織であるJICAへの淡い期待と、期待への裏切りです。

最終報告会では最後の最後で悔しくて悔しくて涙が止まりませんでした。ただシリアでお世話になった専門家の方が「その思いをこれから先につなげて行きなさい」とおっしゃってくれたように、自分にとってはとても良い経験でした。そう、自分にだけは良い経験になったことがそもそも悔しいんですけどね・・・

今になってやっと書けました。整理するまでに時間がかかりました。
6月にシリアへ旅立つ後任の方、こんなことが起こってました。これまで混乱させてしまっていたら申し訳ないです。結局、自分の元の配属先には入りませんが、それも力不足ながら2年間の活動を終えた前任と、一緒に活動した仲間がひねり出した答えです。個人の目標を設定されることはとてもすばらしいことだと思います。ただ常にシリア全体への環境教育隊員としての貢献の仕方とその将来のビジョンを考えることと、配属先にOwnershipを持ってもらえるように考慮していただきたいというのだけが図々しくもお願いです。

よい2年間になることを祈っております。
スポンサーサイト

コメント

to とくめいさん 

書き込みありがとうございます。メールで色々、ブログで色々書いておいてなんですが、もちろん私のことなどは気にせずに伸び伸び自由にやってください。シリア、良い国ですよ。ただ健康にだけはご注意を・・・ 万年健康児の私も帰国検診で少々引っかかりましたから・・・・ 主に糖分の取りすぎが原因です。

メッセージ、受け取りました。2年間自分なりに思うこと、考えることはたくさんあると思いますが、いろんな人の想いを大切にしながらがんばります。

to sari

いいね~京都。俺も日本を満喫したい!!
今月中にJICAフィリピンに一度訪問します。こちら学生側に7人の元JICA関係者がいるのでね。その人に会ったらよろしく伝えます。
おたのしみに~~(クタイト風)

配属先のことを考えると複雑だね。
私はまだモヤモヤしたままです。後任がおそらく訓練しているであろうに。
今は京都に現実逃避に来ています(笑)。

ところで、そっちではJICA関係者と会うことはある?
京都でお世話になった元日本語教師隊員(男性)がいると、今日聞きました。にいみさんという人ですが、あったらよろしくお伝えくださいな。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。