スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末年始のご予定は?

去年も書いたかな?こんなこと。
シリアには基本的に日本ほど年末年始を祝う習慣がない。一応新年が来たという感覚はあるのだが、「年明けから3日間は休み」みたいなものはない。ただ今年は巡礼月のお休みがたまたま12月30日から4日間あるので年末年始はどこもおやすみなのだ。

余談だが、JICAのシリア人職員にとっては今回は災難な年である。JICAのお休みは完璧にではないにしろどちらかというと日本のお休みに合わさっている。なので例えば11月23日の勤労感謝の日などはシリアでは普通の日でもJICAはお休みなのだ。『年末年始の休暇』という概念も適用される。
ただイスラム教的に超重要なお休みであるラマダン明けのお休みと、今回の巡礼月のお休みにもJICAはお休み。シリア人職員にこのお休みに働かせるということは犯罪に近い。

そう、なので去年から今年の頭の時期はシリア人職員にとってウハウハの大型連休だった。年末年始は日本的お休み感覚の恩恵に預かり、1月9日あたりからまた巡礼月のお休みがあったからだ。ただイスラムのお休みはイスラム暦によって決まる。つまり1年354日の太陰暦。なので次回の巡礼月のお休みは今年の頭より11日早い12月30日から。いつもは日本とイスラムのお休みにダブルであやかっているJICAシリア人職員だが今年はこの2つのビッグイベントが重なってしまったのだ。余談なのに説明が長くなったがまぁ要するに『かわいそうに』ということ。
まぁ我々隊員はシリア人の職場でシリア人と活動しているので、そもそも完璧にシリアでのお休みが隊員のお休みだけど。。。。

んで本題。
今年の年末年始は日本から大学生が来てダマスカス郊外の村で社会調査法の実践をシリア人とともにすることになっている。同僚の環境隊員マサの知り合いの大学の先生のゼミ生である。そこに俺も参加させていただくことになった。村でのホームステイなり。
そこで思い立ったのが、『あれっ!!俺今年年越しそば食えないじゃん!!』ってこと。
なのでクリスマスの今日、何もすることのない俺は年越し天ぷらそばを早くもいただいたわけさ。

toshisoba.jpg

エビてんぷらと玉ねぎと人参のかきあげにワカメと長ネギを添えて。
来年こそいい年でありますように・・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。