スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4年ぶりの秋

28歳無職。

本来ならば、この状態で遊んで良いわけが無い。
でも遊んじゃった、、、えへへ。

というわけで行ってきましたよ、京都と大阪。そう、今の時期といえば紅葉であります。

kiyomizunightvisit.jpg   hogonjigarden1.jpg

左が清水寺の夜の拝観。右が嵐山の宝厳寺の庭(多分・・・)。
いやぁ・・・日本って素晴らしいね。ほんとに帰ってきてよかった。

そしてね~~食ったね。食ったよ。食いまくった。行きに履いていたズボンが今ちょっと苦しい感じになるくらいに。体壊すんじゃないかというほど食ったよ。

それにしても人はどこもとてつもなく多かった。まぁ俺もその一部なのだけれどね。
crowdedtogetsukyou.jpg

上の写真は、有名な嵐山の渡月橋。人の波です。

今回は色んな人に会えました。シリアの元専門家とその家族、京都大学に留学しているシリア人、そしてシリアの元隊員などなど。。。でも会えなかった人も。今度また是非是非!!

というわけであぁ~~堪能した!!
明日からまたせっせと就活します。
スポンサーサイト

進捗情報

いや~特に何も進んでいないです。まぁただ、『やっぱこれは無いな』的なものが見えてきました。
ここ1年くらいず~~~~っと『戦略系経営コンサル』のような仕事がしたいと思ってました。周囲にもそのように言ってました。ただ最近、その進路を甘くみていたことに気がつきました。まず、必要とされていないこと、そして自分のやりたいこととはかなり違うことという現実です。

進路相談した大学時代の教授には「君は命令されたからといって自分が何をしているのか分からないような事が出来る人なの?」とか言われ、さらにそこに現役経営コンサルの友達から「たくやの話を聞いているとこの仕事があっているとは思わない」というようなことを言われ、さらに同じ人物が朝3時まで身を削り働いている話を聞いて『いや~~これは無いなぁ』とか思い始めました。

現在はネットサーフィン中にたまたま見つけた『人材育成』を行う会社が第一希望となっています。考えてみればシリアでやってきたこと、そしてこれからやって行きたいと思うことも『人の意識を変えて持っている能力を引き出す環境を作る』とかいうようなことだなぁと思ったのです。正直こんなことを日本でお金に替えている人たちがいるんだなぁ・・・という感じです。
同じようなことを昔やっていた友達に聞いたところ、こういった会社はいくつかあるようなので順次応募していこうかなと思っています。さ~どうなることやら。。。

来週から、こんな状態だけれども、大阪と京都に旅行に行ってきます。4年ぶりの紅葉です。楽しみだぁ。

これが現実

今日、自分の立場を思い知る出来事が2つあった。

1つ目。
今日、朝から友達と買い物に行ったのです。友達は働いているけれどワザワザ今日のために有休を取ったのです。しかも申請が昨日・・・さすが公○員の鏡。
とにかく大手百貨店に行ったのさ。
そこでワタクシ洋服を買いました。会計時に『当店のカードを作っていただきましてそれでお支払いいただけると10%引きとなります。年会費無料ですし作りませんか?』と言われたのでOKしたのですよ。
しかしまぁ、結果から言えば作れませんでした。なぜかって??『無職』だからです。そのカードにはVISAカードの機能がついているので作れなかったんですよ。一応すでに他のVISAカード持っていたのに。。。店員さんに謝られました。全然その人のせいでは無いのにね。謝る必要なんて無いのに。。。一緒に行った友達に「俺、カード作れない現場を始めてみた。国際協力に関わった人の現実を見たよ」とか言われました。

はい2つ目。
先日登録した大手転職サービスセンターからメールにて「求人案件の紹介は非常に厳しいです」と、実質『相談お断り』のメールが来ました。

う~~ん。海外の大学院を出てもこれが現実。やっぱ敷かれているレールからは逃れられないのかなぁ~~・・・

浪人

自分の流派を築けるほどの腕の無い浪人は、技を磨く環境を手に入れるための君主を探しております。しかし浪人はこれまで広く浅く色々な刀(太刀・小太刀・鎖鎌など)に手を出してきたのでそろそろどれか一本に絞って技を磨きたいと思っているのだけれど決められない。

それが私。

進路相談や15日のプレゼンや、何よりも色々な人から嬉しくも飲みのお誘いがあり部屋の掃除は中断中。見れば分かるけどこれ以上無い『中断』模様。
それにしても7袋捨てたのにまだ捨てる物がアル・・・この3年半使わなかった物はいらない物として捨てているのだ。押入れからは高校のときの教科書なども見つかり、なんでこんなもんとってあるのかが不思議である。
高校のときの成績書も見つかり思い出にふける。英語とかリーディングだけで25時間欠席してますけど、よく単位が出たものだ。ワタクシ、後々先生に告げられたのだが、嘘か誠か高校史上(学年じゃないよ史上だよ)で下から2番目の成績で卒業したらしい。でも母親はPTAの副会長でした。

話脱線。

う~~ん。何かあるとは思うんだけどねぇ。企業系、国際協力系、どちらに行っても頑張る気はあるし得られる物もあるだろう。迷えるということは潜在的な選択肢(あくまで現実ではないけど)があるということで幸せということなんだろう。「何も無いときが一番楽しい時じゃないか」と開発コンサルの人が昔言っておった。まぁあの人はスキルのある人だからそう言えるのかも知れないけど。

まだ帰国して10日かぁ・・・俺が他人なら「そんなに焦るな」っていうだろうけど焦るなぁ・・・
でも動きます。頑張ります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。